加圧筋力トレーニングの基礎知識⑦-加圧筋力トレーニングのメリット【筋肥大】-

 

ブログをご覧下さいましてありがとうございます!

 

 

前回のブログまでは、加圧筋力トレーニングのメカニズムをお話いたしました。

 

今回からは、加圧筋力トレーニングのメリットについてお話いたします。

 

まず、ひとつめのメリットは『かなりの低負荷&短い時間で筋肥大が可能』ということです。

 

今までは、そもそも筋肥大を目的とする場合には極めて高負荷(最大筋力の65%以上)をかけることが必要不可欠だといわれてきました。筋肉をプルプルさせながら、重たい重たいダンベルを持ち上げてゼェゼェ息を切らして追い込む、あのイメージです。

なかなか踏み切れない追い込み具合ですよね。。

 

ですが、加圧筋力トレーニングでは、乳酸や成長ホルモンの分泌などの働きによって、最大筋力の20%ほどで、上記の筋トレ効果と同等の変化が期待できるのです。

20%はどの程度の動きかといいますと、日常生活で動いているくらいの強度です。かなり画期的ではないでしょうか。

実際に、ワンストップジムでも1kgのダンベルを使用しますし、普段全く運動をしていない方でも安心して出来る動きしか行っておりません。

こちらで筋肥大が得られるのは、特に男性の皆様にはメリットではないかと思います(^^)

また、一般的な筋トレでは、筋肥大が起こるレベルまで追い込めばかなりキツい筋肉痛が発生すると思います。

ですが、加圧筋力トレーニングは筋肥大が起こるほどの負荷は筋肉にかかるものの、ダンベルの重さは1kgなので筋肉痛はほぼ起こりません(弱い筋肉痛は起こることもあります)

 

筋肉痛による日常生活への支障がないのもメリットといえるかもしれませんね(^^)

ツイッター

ページ上部へ戻る