自分で自律神経を整える方法のご紹介

みなさまこんにちは(^^)
平素より当ジムをご利用いただき誠にありがとうございます。
今回は、自分で自律神経を整える方法についてご紹介させていただきます。

まず、自律神経の概略についてですが…
自律神経とは、体を活動モードにする『交感神経』休息モードにする『副交感神経』、この2つを合わせたものを指します。
自律神経は適宜バランスよく切り替わるように働いており、この切り替わりに不具合が生じているとき、特には交感神経が働きがちの際に「自律神経が乱れている」といいます(自律神経は体内の働き全てに関わっておりますので、乱れると様々な不調を引き起こします)。
では、この自律神経が乱れたとき、どのようにして整えればいいのでしょうか?
ご自身でできることを下記に記しますので、ぜひ試してみてください。
①運動習慣を取り入れる
特に強いストレスを感じた日にしっかり運動を行うと自律神経は整いやすくなります。
②部屋の模様替え(不要なものを捨てる断捨離含む※)/長く使っているもの(服、靴、財布など)を買い替える
普段目にするものと体の状態が繋がっている場合があり、これらを変えると自律神経が整うことがあります。
※断捨離に関しては、捨てるものの中に昔のトラウマに関係するものがあったりしますので、捨てることで無意識のうちにとらわれていた過去のいやな記憶が排除され、一気に元気になることがあります。
③空腹で寝るようにする
兎にも角にも睡眠中に体を整えることは重要です。空腹で寝ると体が整いやすくなり、自律神経にも良い影響が期待できます。
④ゆっくり息を吐き切る
息を吐くとき、自律神経は副交感神経に切り替わりやすくなります。ゆっくり、しっかり吐き切ることがコツです。

他にもいろいろありますが、何がヒットするかは人それぞれな部分があります。出来るところからぜひ試してみてください(^-^)

ツイッター

ページ上部へ戻る